太っていてもおしゃれしたいならジムで筋肉コーデを目指すカラダづくりを目指す!

太っていてもおしゃれしたいならジムで筋肉コーデを目指すカラダづくりを目指す!

おしゃれしたいとは?個性の主張?あこがれの存在を目指す?

おしゃれしたいと思うことは誰しもがある自然な感情です。

でも、そのおしゃれの目的って何でしょうか。

自分の個性を周囲にアピールするためなのか、あこがれの人物、例えばタレントや自分の身近なあこがれの人を目指すのか、あるいはそれ以外の目的もあるかもしれません。

そんなおしゃれしたいという感情と体型についての話題を織り交ぜながらお話ししていきます。

体型とおしゃれしたいという感情の整理にもなれば幸いですし、変化するための提案もします。

太っていてもおしゃれは可能!

昔はびっくりするくらい細い身体のモデルがもてはやされていましたが、現代では太っていてもおしゃれしたいと思えばおしゃれできますし、市民権も得ています。

むしろそれを否定することは現代社会において間違った考えとされています。

なので、太った方向けの服も昔に比べて飛躍的に増えました。

それに普段着だけでなく礼服やオシャレ着に関しても非常に選択肢が増えているのは確かです。

また太っていることをアピールしながらもおしゃれな女性芸能人はダンスも上手いので性別を問わず非常に高い人気を誇っています。

このように現代社会では太っていてもおしゃれは可能ですし、わざわざモデルのような姿を無理して目指す必要はありません。

具体的には衣類のバランスに着こなし、錯視効果(衣服のデザインを工夫した視覚の錯覚効果)を押さえたファッションにすればいくらでもおしゃれすることが可能です。

実際にそれを押さえてきちんとおしゃれしてる方は非常に多いです。

このように太っていてもおしゃれしたいと思えばおしゃれは可能と言えます。

体型が変われば選択肢も増える!

太っていてもおしゃれは可能です。

それは事実です。

ただ、現実的な話をすれば、体型を気にしない代わりにそれ以上にコーディネートを気にする必要があります。

太っていてもコーディネートがうまく行けばおしゃれになります。

逆に失敗すれば強調しかねないという危うさもあります。

それはどんな体型でもありますが、太っていると特にそういったリスクが高くなる傾向があります。

また、服の選択肢が増えたと言っても未だにそれは徹底されていません。

現代のファッション業界はファストファッションと呼ばれるものが流通の主導を握っています。

たくさん売れる服をたくさん作るというのが基本的な理念です。

そのため太り方によってはマイノリティとなり、商業的な問題でそういった方のために特定の種類の衣服が製造されないこともあるのです。

また繁華街のブティックへ行けば更に太っている人が買える衣類は減ってしまうのです。

このように昔に比べて選択肢が増えたと言っても未だに少ないのが現実です。

ただ、逆に体型が変われば市販されているすべての服を気軽に選んで、衣服によって更に個性を引き出すこともできますし、選択肢は非常に広がります。

体型をコントロールするのもおしゃれ!

体型と衣服は密接な関係があります。

それは各国の民族衣装を見ても感じることです。

手足が長い欧米人の民族衣装はシルエットが強調されていますからそういった体型の人が着るとカッコいいですし、逆に和服は日本人のように比較的胴長の体型の人によく合います。

このような関係があるので、体型をコントロールするということは色々なおしゃれができるということを意味しています。

つまり、今の体型を変えれば新しい衣服を着て、違ったおしゃれができるようになるということです。

体型に合わせて衣服を選ぶのではなく、体型をコントロールして着てみたい衣服を着るという考えもありと言えます。

このように着たい服に体を合わせて、体型をコントロールするというのもおしゃれの一つの表現ではないでしょうか。

もちろん着たい服が自分の体型に合っているのであれば問題はないのです。

しかし多くの場合そうでないためジレンマに陥っている方は少なくありません。

ではどうやって体型をコントロールすればいいのでしょうか。

おしゃれしたいとパーソナルジムの相性は理想的

おしゃれしたいと思った時体型を着たい服に合わせるということで体型のコントロールを行う場合があります。

しかし、具体的にどうすればいいのか分からず迷う方も多いのが現実です。

そんな時に活躍するのがパーソナルジムです。

トレーニングの一つにボディメイクと言う概念があります。

これは身体を美しく作るためのトレーニングのことです。

実は単純な筋トレ以上にこのボディメイクは奥が深く難しい世界になります。

そのため素人が独力で体得しようとすると大変なエネルギーが必要で気づいたらプロの領域になっていたという位知識の吸収が必要な世界でもあります。

そんなトレーニングを気軽にできるのがパーソナルジムです。

鍛えている姿が恥ずかしいと感じる方でもトレーナー以外は誰もいませんから、気軽に利用できます。

それにジムを選べば女性トレーナーとマンツーマンで行えますから安心です。

このようにボディメイクトレーニングを通じてさらに高いレベルでおしゃれしてみるのもおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です